低血糖でダウンしていたお話

今日は低血糖でダウンしていた。
夕方の4時頃から体調がだんだんおかしくなっていって、気がつくとベッドの上で昏睡していた。
これは普通の眠気とは違う。
これが電車の中とか仕事中だったら大変なことになっていただろう。

もちろん、何も対策をしていないわけではない。
外で低血糖の前兆があった時には、濃いお茶を飲んでなんとか目を開けていられるようにしている。
一般的にはコーヒーの方が良さそうであるが、コーヒーは好きじゃないから仕方がない。

とはいえ、看護師の友達が言うには治療した方がいいみたいだ。
いや、それは分かってるんだけど今の時期あんまり病院に行きたくないんだよなぁ~。
でも低血糖でダウンしていると平気で2、3時間とか経っちゃうからもったいない。
社会人にとってそのくらいの時間は大きいから、やっぱり治療に行こうかな……
ネットで情報を集めてみても玉石混交っぽくてどうしたら良いのかよく分かんないし。

経験的には、お菓子をたくさん食べた日に起こりやすいみたいだ。
それも白砂糖がたくさん含まれているようなもので起こりやすい。
もちろん、そんなものを止めればいいのは分かってる。
でも、酒もタバコもやらないんだ。
甘いものくらい食べられなければ人生やってられない。

特に大好きなのがアイスクリーム。
家の冷凍庫にはいつも何かしらのアイスクリームが入っているのは当然。
複数種のアイスや業務用のアイスクリームが入っていることもよくある。
しかもアイスはただ普通に食べるだけじゃない。
パンケーキやハニートーストに乗せたり、冷凍フルーツと合わせたり……
無限にアレンジが可能だからアイスというものは止められない。

あとはクッキーも大好きだ。
チョコレートとのハーモニーが素晴らしい「アルフォート」も。
あらゆる面でバランスの良い「CHOICE」も。
適度な塩気が素晴らしい「ソルティ」も、全て部屋に常備されている。
「ココナッツサブレ」や「ビスコ(ファミリーパックのやつ)」もあれば完璧だな!

ああ、分かってる。
こんなもん毎日食ってるから低血糖になるんだろうな。
ネットで調べてみると「反応性低血糖」というものがあるらしいのだが……
あんまり毎日多くの糖分を摂っていると高血糖の反動でひどい低血糖を起こすことがあるらしい。
で、これが「反応性低血糖」だとか「血糖値スパイク」だとか呼ばれているようだ。

ま、お菓子の量は減らして運動するか‥…
早め早めに対処した方がいいのは当たり前だしなぁ。